便秘の原因は運動不足もある

便秘の原因はいろいろ挙げられますが、日ごろの運動不足が大きく影響していることも多いようです。
普段の生活がデスクワークなどで動かないことが多い人は、特に腸の動きも鈍くなってしまいがちです。

 

また、日ごろ動かない生活をしていると、食欲もそれほど多くありませんので、食事の量が少なくなってしまいます。
そのため、さらに胃腸に取りこまれる食べ物が少ないので、動きが鈍くなったり、弱まったりしてしまいます。

これらのことが原因で便秘になりやすくなってしまいます。
便秘を解消していくためには、何らかの方法で腸に刺激を与える必要があります。

 

とはいえ、たくさん食べてしまってはカロリーオーバーになってしまい、太ってしまいます。
効果的に便秘解消を行っていくには、適度に運動することが必要です。

 

身体を動かすことによって、身体の新陳代謝が高まっていきます。
腸以外でも身体のいろいろな機能を高めることによって、身体に良い影響を与えてくれます。

 

運動は毎日続けられるものが一番良いでしょう。
中でもウォーキングやジョギングなどは、下半身を良く動かすので、かなり効果を期待できます。
また、自転車はペダルを漕ぐときに腹筋を使うので、腸への刺激も高まって効果的です。

 

日ごろの運動不足を解消していくことによって、便秘解消にもなりますし、健康的な身体を維持していくことができます。
特にデスクワークなどで眼精疲労や首や肩の凝りなどに悩まされていた人も、運動の効果はかなり大きいものがあるでしょう。

 

散歩などでも効果があります。
散歩道の自然の緑を眺めているだけでも、眼精疲労を回復する効果があります。
さらに歩くとお腹に程よい刺激が伝わるので、便秘解消にも役立ちます。

 

便秘になるとお腹が出てきて、それが目立ってしまい困ることがあります。
毎日の運動に腹筋運動を取り入れることも、便秘解消には良い効果があるようです。

 

腹筋運動で便秘解消をして、お腹の中がスッキリするだけでなく、脂肪を減らして筋肉を付けていくことによって、さらにウェスト周りをスッキリさせることができます。

 

今までは便秘は脂肪などで、お腹周りが気になっていて、お腹を隠すような洋服を着ていた人も、お腹周りがスッキリとしてくれば、どんなおしゃれもできるようになります。

 

お腹周りがスッキリとしていると、スタイルが良く見えますし、おしゃれも楽しくなってきます。
適度な運動で便秘を解消して、おしゃれで楽しい毎日を過ごしていきたいものですね。

便秘で下っ腹がポッコリ

便秘が続くと、おへそから下の下っ腹がポコンと目立つようになります。
これは、言うまでもなく便がいつまでも腸内に止まっている事が原因です。

 

オススメ
大ブーム!乳酸菌サプリ人気ランキング
乳酸菌サプリ※口コミランキング

 

痩せている人でも、便秘が続くと下っ腹がポッコリとして身体にフィットする洋服を着たりすると下っ腹が出ている様子がよく分かるようになります。
このように便秘が続くと、どんな人でもスタイルが悪く見えてしまうのですね。

 

ただ便秘は、下っ腹が出てくるだけではありません!便秘になると下っ腹が張って硬くなってしまいます。下っ腹が常に張った状態というのは、相当な不快感があり、日常生活に支障をきたす事もある程です。

 

また便秘では、よく腹痛が起こります。
便秘による腹痛は、腹部全体が痛むというよりも下っ腹がキリキリと刺すように痛みます。通常は、便秘の続いている日数が長くなると下っ腹が痛むようになりますが、これには個人差があり、何日便秘が続いても全く腹痛が起こらない人もいます。

 

一方で、便秘になるとすぐに下っ腹に痛みを感じる人もいます。中には、下っ腹の痛みが便秘だと気がつかない人もいて更年期障害による下腹部の痛みと勘違いされるそうです。

 

便秘による下っ腹ぽっこり対策

もし下っ腹が張っていたり、何日かお通じがないと感じたら、

  • 水分の摂取
  • 腸内環境の改善
  • マッサージ

などが効果的です。

 

便秘によって下っ腹が張って苦しくなると、ついつい下剤に頼りがちです。
下剤や浣腸も、絶対に使用してはいけない訳ではありませんが、薬の服用は癖になる事があります。特に下剤は、常用すると薬なしでは便が出ない体質になってしまう可能性が高いのです。ですから、早くポッコリとした下っ腹を解消したいからといって、安易に下剤に頼るのは止めましょう。

 

なるべく下剤に頼らず、食事や生活習慣、腸内環境に気を使い自然なかたちで便を出すように心掛けるべきです。